ラドンガス発生装置!人の健康増進のために

 

■ラドンとは

ラドンとは低レベルの放射線ガスのことです。

ラドンガスは古い花崗岩から自然発生する安定した無色・無味・無臭、気体です。

このラドンガスを含む湯治場温泉では、学術的な研究が進められ、
健康に寄与するとの考え方(ホルミシス効果)があり、

痛風、血圧降下、循環器障害の改善や悪性腫瘍の成長を
阻害するなどの効能が信じられている。

そして湯治場に訪れた患者さんたちは、
それぞれに癒し効果を感じていらっしゃるようです。

 

■ラドン湯治温泉

このラドンガス湯治温泉として玉川温泉(秋田県)・三朝温泉(鳥取県)などが知られており、海外ではバドガシュタイン坑道(オーストリア)が有名で、ほかにも世界にたくさんあります。

これについては後ほど説明します。

 

 

■ 細胞と健康

では何故ラドンが人体に効果的に作用するのでしょう。

人体は60兆個の細胞でできているといわれています。
そして1つの細胞はいつまでも生きているわけではなく、
それぞれに新陳代謝を行っています。

 

・人はなぜ病気になるのか?

ウイルスや菌があったとしても、
病気になる原因は全て体の内にあるとされている。

同じ外敵に侵されても、病気になる人ならない人がいます。
この違いは何かと言えばそれは人の持っている免疫力とか、
自然治癒力の差であると言われています。

 

【健康を害する原因は1つ】

病気の原因は、いろいろあるのではなくて、
循環障害が全ての原因だと言われています。

循環即ち流れの問題ですが、流れを司るものに血液があります。
そして、血液には大別して、
免疫力を司る白血球と栄養や酸素を運ぶ赤血球があります。

その血液はこれまで骨髄で作られるとされていたのですが、
小腸で作られるそうです。

この千島喜久男博士が唱えた学説、1973年に発表。
腸で作られた血液は、細胞に送られていくのです。

 

【細胞の元気が本当の元気】

細胞から元気になるということが本当の元気だそうです。
細胞が元気になりますと、
見た目にも若返るし、内側の臓器の働きよくなっていくのです。

そうすると、いろんな慢性的な便秘とか肩こり、
などといった症状が消えるとのことです。

細胞の働きはとても重要で、
ラドンは細胞を刺激して活性化する働きがあります

現在の医療や漢方・鍼灸などにおいても、
細胞を刺激する方法はないとのことで、
このラドンによるホルミシス効果はとても有効なことだと思っています。

 

【ラドンガスは細胞の働きを活性化する】

その細胞の中には、遺伝子とミトコンドリアがあるのですが、遺伝子もミトコンドリアも普段6%しか稼働していまいといわれ、94%が眠っていわれています。
ラドンというのは細胞の中に入り細胞を通り抜けていきます。その際に、遺伝子やミトコンドリアが目覚めるのです。すなわち遺伝子やミトコンドリアはラドンの刺激を受けて反応して活性化されるのです。このラドンが細胞に刺激を与える働きのことをホルミシスと言います。

 

【ラドンガスは免疫力を作り自然治癒力を回復するように狙います】

体の中でラドンを吸入すると、体の中に細胞に含まれている水分とかに反応してイオンがたくさんできます。そう言う異常が起こりますと、人間に備わっている自然治癒力というものがあって、外敵が来たと人体の構造が自動的判断し、防御作用が働きます。その防御作用というのが、免疫を強化するということになるわけです。

 

 

■ 細胞の構造

では細胞の構造はどうなっているのでしょうか?

細胞の種類と構造
細胞 原形質 核膜
染色体(DNA+タンパク質)
核液
細胞質 細胞
小器官
ミトコンドリア
葉緑体(植物)、液胞
細胞膜、細胞質基質
後形質 細胞液、細胞壁

核のある細胞を真核細胞。核の無い細胞を原核細胞という。

 

この中で特にエネルギーを作る
「ミトコンドリア」の存在が特に重要だとのことでした。

ミトコンドリアは、血液で運ばれてきた
栄養素と酸素を触媒にエネルギーを作りだしています。

又ラドンガスが細胞を通り抜ける際に
ミトコンドリアを刺激して活性化させ、若返りや元気の回復を目指します。

 

 

低放射線(ラドン)ホルミシス効果の働き

低放射線ホルミシス効果について

湯治温泉のラドン浴や岩盤浴で、多くの人が癒されています。
その癒し効果は、ラドンの働きによってもたらされることが
近年になって分かったことです。


具体的には、

『微量な放射線は人体に好影響を与える』

という論文が公表され、日本でもシンポジュームが開かれ
多くの研究者たちの評価を得ています。

 

この経緯は以下のような流れによるものです。

 

宇宙飛行士が活動する宇宙の放射線濃度は、
地球上の数100倍強い環境下にあるといわれています。

 

そのためNASAでは、
宇宙飛行士の健康への影響について徹底的に調査する必要性から、

トーマス・D・ラッキー博士 ―アメリカ 生物理学者―に
宇宙飛行士の健康についての徹底研究を依頼したのです。

この依頼を受けたトーマス・D・ラッキー博士は、
宇宙飛行士の健康状態を、活動の前後の調査した結果、

宇宙活動前の健康状態に比べて、
活動後の健康状態の方が、全て良い結果にあった。

ということが分かったのです。

この不思議ともいえる結果に疑問を持たれた
トーマス・D・ラッキー博士は、

10年という長い年月をかけて調査研究を行った結果を、
1982年12月に米国保険物理学会に報告し、

『微量放射線は、
人体に対して刺激(ホルミシス)として働き、

生体を活性化させ、
生命活動にとってはかえって有益である』

という論文を掲載しました。

そして、微量の放射線は人体に対して刺激として働き、
生体を活性化させるとして

『低放射線ホルミシス』

という名称がつけられました。

 

トーマス・D・ラッキー博士の提唱された
低放射線ホルミシス効果は、

① 免疫機能の向上
② 身体の活性化
③ 病気の治癒
④ 強い身体をつくる
⑤ 若々しい身体を保つ

というものでした。

日本でもこのホルミシス効果が課題として取り上げられ
トーマス・D・ラッキー博士を招いたシンポジュームも開催され、

結論的には、
『ホルミシス効果』
が評価された経緯があります。

 

その後、今日までに効能・効果について
世界で3000以上もの論文が公表され、

『微量放射線は人体に対して刺激として働き、
生体を活性化させ、
生命活動にとってはかえって有益である』

という学術的評価を進化させて今日に至っています。

 

この低放射線(ラドン)ホルミシス効果の働きは、
患者さんの健康危機解決に向かう際に起こるであろう

人生観や死生観、価値観というものに寄り添っていくうえで
西洋医学と併用され、活用されると思います。

健康の危機解決に良い時代に感謝

 

話は少し変わりますが

健康危機解決の必要性に直面しているあなたは
とても幸運で運勢の良い人だと思います。

なぜなら、あなたは

放射線というこれまでの常識が非常識に


放射線について、これまで常識とされていたことは

「どんなに少量の放射線もがんを発生させる懸念がある」

という1950年代に提唱されたLNTモデルがありました。
有りましたというより、現在でも厳然として残っているのです。

ですが……
1982年に、ごく軽微な低放射線は、体に有効に働くことが分かり
今日までの30数年間に多くの研究成果の論文が発表されているように、
これまでの常識が非常識となって新しい治療法が編み出されています。

 

・これとは別に1912年に山中伸弥先生のiPS細胞がノーベル賞受賞。
これもとても画期的な朗報で、
現在多方面において
iPS細胞作製技術で、
創薬はじめ、新治療法の開発、再生医療への応用化に向けた
研究がどんどん進んでいます。

 

このように産業革命ともいえるような、
①低放射線ホルミシス療法や
②iPS細胞の応用技術・医療技術が進む

医療環境に包まれて生活している私たちは、
とても恵まれた環境で生活をしていることは
とても幸運なことだと思いますよね!

 

ですから、これまでの西洋医学に、
この様な変革する新医療技術を加えた
統合医療を採用できる時代ですから

自分がどの様な健康危機に直面しても、
悩み解決ができるという希望を持てます。

従って、決して今の健康状態を、
諦めてはならないのです。

この時代に生きているあなたは、
実に運の強い運勢の持ち主だと思います。

その強い運勢をさらに強くするために、
自分の人生観や死生観、価値観を
向上させて、
自分の健康を回復させ、同病に悩む仲間たちの健康回復に

必要とされているあなたであることに気付き、
社会貢献のためにも、1日も早く元気を回復しましょう。

 

統合医療とは何か?

統合医療というのは、
世界中にはいろいろな伝統医学というものがあります。

今日の西洋医学は、統合医療という新しい医療法に転換し、
患者さんの価値観に寄り添った医療方法を重視する新時代を迎えています。

統合医療についてあまり耳にしたことのない新しい言葉かもしれませんネ。

 

統合医療とは、これまでの西洋医療では治療法に限界がきているとのことで、医療界全体が、世界中を俯瞰して西洋医学のメンツにこだわらずに医学そのものを見直し、東洋医学や近年話題の放射線ホルミシス・IPS細胞の応用技術等のより良い治療法などがあれば、それを徹底追及すると共に、積極的に西洋医学に取り入れて、患者さんの病気回復に役立つ医療にしていくという革新的な医療方法なのです。

例えば、

ギリシャ医学、イスラム医学、中国医学、
インド伝統医学、チベット医学等

その中で、これは良さそうだなという療法を検証して、
患者さんにとって一番良さそうな治療を行う、という方法なのです。

このように医療方法も革新的進化の時代にあるのですから、
時代の波に乗って病に
向かう視点を少し変え、
一度きりの人生を、前向きに歩んでみませんか?


医師である先生方がこのように取り組んでも、

患者であるあなたが勇気を持って
行動を起こさない限り、
この恩恵や変化を授かることはできないのです。

低放射線ホルミシス療法とは


その
統合医療新療法の一つとして約30年前から検証されてきた

『低放射線ホルミシス療法』というものがあります。


人体は60兆個の細胞からできています。

低放射線ホルミシス療法とは、

その細胞にごく微量の放射線で刺激を与え、
細胞の活性化を行うことです。

ホルミシスの産みの親であるトーマス・D・ラッキー博士は、

低放射線について10年間の徹底調査を行い、

 

これまでにお伝えしましたように
『細胞にごく微量の放射線で細胞に刺激を与える』
ことで、

①免疫力の向上 ②身体の活性化 ③病気の治癒
➃強い体をつくる ⑤若々しい体を保つ

等の効果があるという研究結果を
ラドンガス発生器が健康に貢献可能となるでしょう。

 

 

湯治のラドンの癒し効果を自宅に!ラドンガス発生装置

微量の低放射線効果は、前述の湯治温泉
玉川温泉、三朝温泉、バドガシュタイン坑道での
湯治効果の理屈に当てはまっているのです。

ここには、共通したキーワードにラドンがあります。

ラドンは自然鉱石から生まれる気体で、ラドンは低放射です。
この湯治場では多くの人が癒しを実感しています。

 

このラドンガスを上手く利用して健康をフォローしようというのが
ここでお勧めする、
ラドンガス発生装置・高濃度の限定品
『ガイアイオンSAJ型』です。


この製品は、健康な人はより健康に、

これまで治療を受けてもうまくいかなかった人には、
病気が起きにくくなることを目的として、
この製品の天然鉱石から作り出すラドンガスを吸入し、
人体の健康をフォローするものと思っています。

 

ですが、人には個人差がありますので、
すべての人に効果があることを保証するものではありません。
この点ご理解のほどお願いします。

 

この製品をご紹介する理由は、
①あなたが元気を回復し、日々を喜び楽しんで幸せに送ることが第一、
②あなたの喜びを同病の仲間を元気づけ、幸せのお手伝いをして欲しい。

そんな熱い思いを果たすには、何より健康が第一、
その健康づくりをフォローできると思うからです。


またこのラドン発生装置は、

西洋医学の診察と併用することをお勧めします。

 

 

さらにあなたは元気にならなければならない必然性があります。
それはあなたと同じ病の仲間を救う大事な努めがあるのです。
人を救うという尊い行動をさせてもらえると気持ちが広くなり、
精神的ゆとりが生まれ、心身ともに健康へと導かれるでしょう。

元気回復し同病に悩む人を救うために
貴方が居るということ

 

あなたが元気を回復することは
あなた幸せのためだけではないのですよ!

もしかして、自分のことで精いっぱいだよ。
だ、なんて考えていませんよね?

あなたが元気を回復すると、
喜ぶのは自分だけと思っていませんよね。

あなたの身近な人は、
あなたのことをとても心配していませんか?

その人に喜んでもらいたいですよね!
それが一番大事ですが、同じくらいに大事なことは

 

あなたの元気が蘇り、幸せを戻したあなたには、
同じ病に悩む仲間たちを幸せにする役目がある。

という社会的責任を背負っているということです。

このような他の患者さんのためにも頑張りたいという意識を持つことは、あなたの元気回復のエから、元気になって他人の元気回復のお手伝いができると、あなたの元気は、さらに良くなり運も良くなり活性化されることでしょう。

あなたのご活躍を心から期待しています。ネルギー源として大きく寄与します。

そう思って頑張りましょう。

 

ですからその役目を果たすために、何としても、
元気を取り戻してもらう必要があるのです。

『もう手の施しようがない』との宣告を受けた苦しみを、
体験されたあなただからこそできるのです。
元気回復して第二の人生を人のために!

 

 

このラドン開発者、濱須先生の開発意図と歩み

 

濱須先生の開発魂!
   開発者  濱須 光由 会長           
   一般社団法人 日本ホルミシス健康効果研究会会長
濱須先生

先生のホームページより抜粋してご紹介します。

先生は「自らの健康は自ら守る」をテーマに、健康に関する新たな分野を切り拓き、
確かな情報と製品を皆さまにお届けすることを目指してきました。

1965年、当社はカラオケの前身となるジュークボックスの製造販売から始まりました。

1971年にはドイツで開発されたソールに突起がついたサンダルの販売権を取得し、
これが健康サンダルとして日本で300万足販売したことを期に、
健康に関する製品開発と販売を手掛けていくこととなりました。

健康サンダルでは第2の心臓と言われる足の裏の健康法を提案しましたが、
背骨の歪みを取り除くことがさらなる健康につながると考え、
1日の1/3を過ごす寝具に着目しました。その後、

背骨を正す波型三層構造の特許健康医療ふとんを開発し、
日本初の医療認可を得て全国的なヒット商品となり、

ご愛用者が600万人となりました。

その後も高濃度人工炭酸温水製造器など、
健康を抜本的に考えた製品を手掛けてこられました。

2003年、放射線ホルミシスに関する国際シンポジウムに協力したことから、
その後、大学・研究機関などの専門家の研究協力のもと、
放射線ホルミシス効果を期待できるホルミシスルームの製造販売を開始いたしました。

ホルミシスルームは長年の間、
探し求めた健康に貢献可能な製品と自負しております。

多くの皆様のご理解を得て、信の健康の実現に向けて邁進していきたいと思っております。

 

 

ラドンガス発生装置!人への想いに花が拓く

以上のように健康にまつわる研究開発に目を向けて歩みを続けていらっしゃいます。

 

健康は私たちにとって、何より大切な問題です。

健康は幸せ生活を送る為に必要な原点ですから。

 

人生において、お金を稼ぐとか、事業目標を達成するとか、数字で評価されるものについては、達成できたかどうかが分かり易いので、目標を立てることが出来ます。ところが健康を目的に活動することは、殆どありません。

 

あるとすれば、体が太るとか、血圧が高くなるとか、痛風が出たとか何らかの疾病があれば、健康回復を意識することがあるくらいです。

 

そう、健康は空気や水みたいに感じていることが多いですよね。

 

人生が100歳時代になると、健康寿命を延ばす必要があります。

 

濱須先生は、人が喜ぶこと。人が感動し感激して、幸せ生活を送ることに寄与することを常に念頭においてアンテナを立てているようです。

 

それも幸せ生活の原点である健康を第一にして、今健康な人はより健康になり、そうでない人は、一日でも早く健康を回復して元気になることを願い、人々の健康増進を求め、たゆまぬ進化向上を目指していらっしゃいます。

 

そして今日ではもっと良い未来を送るためにと、放射線ホルミシス効果が期待できるホルミシスルームの製造販売を開始されました。

それでもまだ満足できずにいらっしゃたのです。

それは、ルームに通えない疾患を抱えた方がいることに鑑み、その方たちにも活用してもらえるようにと、携帯用のラドンガス発生器を開発されたのです。その中でも高濃度の限定品として『ガイアイオンSAJ型』を商品化されました。

 

これこそどんなに具合が悪くても健康をサポートする驚愕の製品であると思います。

 

このラドンガス(低放射線)発生装置『ガイアイオンSAJ型』が健康に貢献可能である理由は、

 

難病に効果があると昔から受け継がれている湯治温泉として有名な秋田県の玉川温泉、鳥取県の三朝温泉、海外ではオーストリアのバドガシュタインがあり、学術的にもラドン浴、ラドン岩盤浴の効果が評価されています。

この湯治で共通のキーワードには、自然鉱石ラジウムから発生しているラドンガス(低放射線)という自然界のエネルギーがあって、このラドンを体内に吸入することで自然治癒力の回復を狙い、元気回復をフォロー可能なわけです。

 

この特徴とトーマス・D・ラッキー博士の研究成果を組み合わせて作られたのがラドンガス発生装置なのです。

 

ですからこの装置が作りだすラドンガスを吸入することは、湯治温泉に行かなくても自宅で温泉の働きを得て、健康回復をフォローする機器装置と言えるのかもしれません。

 

ですから末期症状だから、手の施しようがないと諦めず、治療の難しい病を克服した先生方の低放射線療法を学び、病院のお医者さんの西洋医学による治療と合わせて、用いると良いと思います。

商品説明の前に
『ラドンガスの安全性』についてお話しします。

ラドンガスの安全性について

 


ラドンガスって本当に安全なの?
と思われたかもしれません。


湯治温泉で説明しました三朝温泉は、町全体がラドンに包まれていることで有名です。
ここには何百年も前から住民が住み続けています。

ここには岡山大学の病院もあり、長年にわたって住民の健康調査を行っています。その結果として、このエリア外の人、県外の人と比べてラドンガス(低放射線)の影響を受けて心配するような病にかかるリスクの低いことが分かったのです。

そしてここに住み続ける住民の子供さんあるいは胎児にとって、何の問題も発生していないという事実があります。


この事実からも、そして海外のあらゆるデーターからも
安全であることが裏付けられています。

このラドンガス発生装置も、老若男女問わず健康寿命に貢献できると考えています。
今健康な人にはより健康になるように、体に悩みをお持ちの方には、健康へ導こうとする製品ですので
だれでも安心してご使用になれます。

 

商品説明

 

健康をサポートする画期的な
ラドンガス発生装置『ガイアイオンSAJ型』

 

販売価額

 一金700,000円 (税別・送料込み)
現金一括払い(振込手数料は買主負担)

特典・機械保証

■特 典

■特典1:ガイア222マット300㎜角 2枚(非売品)
■特典2:小冊子~これから始めるホルミシス療法

ガイア222マット

小冊子

※特典1及び特典2は製品に同梱してお届けいたします。

■機械保証

商品到着日より1年間無料保証~ただし天変地変により損傷を受けた場合及び装置の解体や落下等の損傷がある場合は除きます。回数:保証期間中は制限ありません。但し、修理不能の場合には商品交換にて対応いたしますことをご承知おきください。
なおご連絡はメールにてお願いいたします。メール:sanefuji■mk-hormesis.com
・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、■を「@」に変えて送信ください。

 

商品名

高濃度・限定品 ガイアイオンSAJ型
(ジェラルミンタイプ)
「ラドンガス・マイナスイオン発生ユニット」

※限定品とは、ラドンガス吐出口のラドン濃度が通常商品(6万ベクレル以下)に比較して
20万ベクレル/㎥以上の高濃度出力商品に限定して「限定品」と表示しています。

機械装置の仕様

■寸法:本体約H290×W370×D200mm / ホース約L1,500 ×(直径)35mm
■重量:約6kg(付属品含む)
■ラドン濃度:20万ベクレル/m3以上
■イオン濃度:2,000万個/cc

■フィルター:2枚
■消費電力
 :2.0W
■製造元    :サンバレージャパン株式会社

装置の概要

この装置は『ラドン』『イオン』発生装置です

ガスが発生しているかの確認
工場で組立てたラドンナのラドン濃度が、設計数値を満たしているか
ラドン濃度測定地認定機関(財)日本医療・福祉協議会でラドン濃度を再検査し、
設計数値に合格したラドンナ本体に認定書を表示しています。

ガイア イオン SAJ型の構造

<空気吸入口>

<内部ラドン発生部>

この装置は
●ラジウム鉱石粉やに粘土、楮(こうぞ)などを加えて固めた「クリアラドン」
の複数体を装着(工業所有権取得)しています。
ラドンガスすなわち低放射線をそのまま体内に吸入して、
体内の細胞を刺激して細胞を活性化させるホルミシス作用により
健康回復、健康維持をサポートする効果が期待できます。

●イオン発生装置内蔵
潤いを保つ効果が認められているイオンを発生する装置を内蔵していますので、
たっぷりのマイナスイオンを十分にご堪能ください

<送風ファン>

<ラドンガス・マイナスイオン吐出口>

空気吸入口よりの空気とガスをむらなく混交し、
送風口より効率よく吐出(工業所有権取得)
送風口ラドン濃度:200,000ベクレル/㎥以上
送風口イオン濃度:2,000万個/cc

ガイアイオンSAJ型の大きな特徴は

湯治場と同じラドン効果で健康をフォローします。

多くの患者さんが、バドガシュタイン(オーストリア)・三朝温泉・玉川温泉で
ラジウム温泉浴(ラドン浴)によるホルミシス作用により元気回復を実現しています。

このラドンガス発生装置は、玉川温泉の40倍のラドンガス濃度と
日光華厳の滝の2000倍のマイナスイオンを発生しています。

病に悩む患者さんが、ラドン湯治温泉と同じラドンガスを
体一杯に吸入しラドン効果をフォローするラドンガス発生器です。

病気の方のみならず健康な方でもご利用ください。
健康な方にも、病を患っている方にも、
健康を改善に貢献する製品です。


持ち運びが便利なジェラルミンケースにコンパクトに収納の
軽量設計ですので、楽に持ち運びができます。

電源さえあれば、寝室やリビング、旅先など、いつでもどこでも、
誰でもお手軽簡単にラドンガスとマイナスイオンを得ることが出来ます

写真・ご利用例

ガイアイオンSAJ型正面 ガイアイオンSAJ型左側面 ガイアイオンSAJ型右側面
ガイアイオンSAJ型上部 ガイアイオンSAJ型収納部 ガイアイオンSAJ型使用例


ガイアイオン購入者の喜びの声

 

びの声

 

下は3歳の幼児から上は88歳の男性の方まで、
多くの方から
ラドンガス発生装置『ガイアイオンSAJ型』
を使ってよかった旨の声をいただいています。
すべて、ここに掲載したく思っていましたが、
皆さんに誤解を与えてはいけませんので、
掲載を控えました。どうぞご理解ください。

 

推薦者の言葉

 

工学博士 小笠原英雄 先生
資格免状・第一種放射線取扱主任技術者
    ・原子炉主任技術者

                    小笠原英雄先生
低線量の放射線は、免疫機能の活性化、ホルモン分泌の促進神経伝達の円滑化、抗酸化機能の向上、癌細胞移転の抑制など、生体にとってさまざまな有益な働きがあることが分かってきています。
それらの働きをホルミシス効果と言いますが健康維持ばかりでなく疾病の治療にも応用され始めております。

 

 

 

日本の伝統文化『湯治:ラドン浴』を
自宅でできるよう考案されたラドン発生機について

 

この機械の発想の原点は

日本の伝統文化として続いています自然のエネルギー応用の
湯治温泉の魅力と、

近年の学術研究が加速度的に進化している
ホルミシス効果の魅力とを

組み合わせることを発想して開発された、
健康に貢献可能な驚愕の機器である。

と、評価しています。

そこで日本の湯治について、少し振り返ってみたいと思います。

■湯治とは

湯治は日本文化であると言われ、古から科学的根拠によらず、
人々が体験を積んで伝承され今日までも続いています。


湯治の魅力はなにか?
それは1300年も前から

『一度洗えば容貌も美しくなり、重ねて洗えば万病全て治癒す』
との言い伝えが城崎温泉(兵庫県)にあるそうで、
そのような美容と治癒に効能効果が認められる魅力。

温泉で病を治すとか、健康促進のための湯治は
『一週間一巡り』という江戸時代以前に確立された湯治の基本
の言葉があるそうです。

一週間一巡りの原点は、いろいろな成分が人体に侵入して、
交感神経(興奮)と副交感神経(鎮静)の作用を交互に繰り返して、
細胞に刺激を与えホルモンの分泌を促し、体を快復させるためには
1週間の逗留が必要なんだそうです。


私たちの体は60兆個の細胞から成り立っているが、細胞膜が錆びつくと
やがて腐食し、細胞のなかのDNAを傷つけ、がん化させてしまう。

その癌化を防止するために、自然エネルギーのラドンを体に吸入して
細胞を刺激して、活性化するということが昔から阿吽の呼吸で学び

今日まで継続されている湯治知識は、素晴らしい伝統だと思います。
その魅力を整えるための健康に貢献可能な製品です。

■湯治への人気

「湯治」の歴史は古く、日本人の保養・療養の原型とも言われています。そして多くの人が半病人と言われる現代、昔ながらの湯治が今、
新しい癒しの形として注目を集めています。

自然エネルギーのラドンガスに満たされた湯治温泉は、
やさしく、時には強力に心と体に働きかけます。
そして人の持つ免疫力や自然治癒力を高めて、
さまざまな心身のトラブルを解決してくれると人気が高いです。

  この製品は、健康的魅力に少しでも貢献できるように開発されています。

湯治の魅力をイメージのラドンガス発生器

 

湯治についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
いろいろなイメージがあると思います。

豊かな自然環境の温泉地に滞在し、湯治温泉の効果・効能を求めて病気を治療するとか、療養あるいは保養することが、本来の湯治であろうと思います。

湯治温泉は地球のエネルギーが凝縮された自然の恵みです。その恵みに授かり心身を癒してゆくこの「湯治」という素晴らしい伝統ある大切な湯治文化でもあります。

ですが湯治と言うとあまり一般的でなく、知る人ぞ知るという一部の人が活用する特異性があり、多くの患者さんが利用できていないことも事実でしょう。

このような偏った認識は、古くから伝わる伝統的な保養システムが利用されないのは、とてももったいないことです。

代々受け継がれ、いくつもの時代をくぐりぬけ、脈々と受け継がれてきた素晴らしい湯治文化、そして機能効果を、老若男女を問わずに気軽に利用できるようにして、一人でも多くの人が健康寿命を延ばす一助となればと思い、私も利用しているラドンガス発生装置のご紹介です。

この装置は湯治場の力を再現する装置ですので、疾病者に限らず健康な方、また年齢・性別を問わずだれでもがラドンガスを体一杯に吸入してホルミシス効果再現をフォローできるものと思っています。

ですがここに取り上げた一番の狙いは、『もう手の施しようがない』との宣告を受けた患者さんが、悶々とした日々を送ることを少しでも楽になっていただけたらと願うからなのです。

ですが元気を回復することを保証しているわけではありません。
ラドン岩盤浴と同じ自然石から発生するラドン(低放射線)を試してほしいのです。

このラドンガス発生器があなたの健康に貢献できるなら幸いに存じます。

ところで、
あなたには決断できない理由がおありですか?

 

あなたは体の悩みを抱えたまま、生活を続けますか?
それとも一日も早く抜け出しますか?

 

勿論後者だと思います。

今、何としても体の悩みを解決しないと、手を打たないと、
体は悪化するばかり、特に進行がんであれば進行が速いです。

ですから一日も早く改善に取り組んだ方が有利なのは当然です。
統合治療の時代下にある今日ですが、病改善について
自分はこうありたい、こうしたいという考えを表明し、
あなたの目標に向かって行動しなければ何も解決できません。

賢明なあなたであれば、百も承知だと思います、
それでも、あなたが結論を出せない理由は

 

ラドンガスを吸入する時間が取れない
お金がないからできない
家族が反対するからできない

 

ということなのでしょうか?

ラドンガスを吸入する時間が取れない

あなたは、ラドンガスをゆっくり吸入する時間が取れない
などと勘違いしていませんよね?

なぜなら、ラドンガスを吸入するのに
敢てそのための時間をとる必要はないのですよ。


確かに時間はあふれているものでなく

決まっているものですよね。

それであれば、時間を作るか
吸入する方法を考え出す必要があると思います。

ですが、このラドンガス発生器はどこにでも運べて
お手軽簡単にどこにでも設置できます。

またテレビを見ながらでも吸入できますし、
寝る時間にも吸入することが出来るのです。

すなわち休む時間を使って体の改善に
取り組むことが出来るのですから心配は要りません。

それに口に当てるだけですから実に簡単です。
でも注意することは、途中で眠くなります。

すると、顔が右向いたり左向いたりして
体の吸い込み口が機械のガス吐出口とがズレ
吸い込む効果が減少するので注意してください。

 

お金がないからできないのでしょうか

お金がないからと言って、健康をあきらめたり
あなたの体の改善はできないということでしょうか?

今は体調が悪く、無理をしながら働いているのですか
それとも、休職中ですか

どのような状況下にあっても健康がないと
お金を作り出すことは出来ないですよね。

ここまで読まれているあなたは、
お金のことよりも、放射線が心配かもしれませんね。

大丈夫。現職の医師たちも認めつつある健康法です。
心配でしたら、一度ホルミシスルームに通って
体験してみてはいかがでしょうか?

私も購入する前に、ルームに通って、
ラドンガスを1時間吸っただけで、指先の温度が上がったのですよ。

私は低体温の人間ですが、基礎体温のことが気になって調べました。
すると、基礎体温が1℃低かったら

●免疫力が37%低下して、風邪をひきやすくなり治り難くなる
   私はそんな気になりませんがね!
●基礎代謝が12%低下して体重が増えるとか
●体内の酵素の働きが50%低下することで栄養の消化などが低下する
●がん細胞は低体温、特に35℃を最も好むとか

などといった、これまで少しも気にしていないことが分かり
何とか基礎体温を上げたいと挑戦しています。

 

家族が反対しているからでしょうか

あなたの人生はあなたのものですよね!
その人生をだれと共有し、だれのために
あなたの人生を使っていくのでしょうか?

それが家族のため、あるいはご両親のため、
子供たちや孫たちのためかもしれませんが、
少なくともあなたの人生はあなたのものなんです。

大切な人のためにもあることは事実ですが、
それ以前にあなた自身が健康になることなんです。

人の幸せに望むのであれば、
それ以前に貴方が幸せであることが条件です。

幸せの第一歩は、自分にあることを理解してください。

そして、あなたが健康を回復してげんきになれば、
その時こそ、
大切な人のために尽くすことが出来るのです。

さあ~決断するのは今です。あなた自身なのです‼
考えてまたということは、チャンスを失いますので
只今のこの機会にゲットして健康に挑戦しましょう。

 

 

 

少し専門的な言葉について触れておきましょう。

■低放射線ホルミシスとは何か

微量な放射線を浴びることは人体に有益な作用をもたらします。
この現象を「放射線ホルミシス」と言います。

すなわちラドンが体内に入って、

細胞を刺激して、細胞を活性化するということなんです。

放射線ホルミスっていうのは、ラドン温泉の原理ですね。
ラドン温泉も微量の放射線温泉ですが、

あれでガンになるとはだれも思いませんよね。

世界中でラジウム温泉がありますけど、
みんな癒し効果を体験しているのです
だからかえって
『微量の放射線が生体にとって都合の良いプラスになる』
という考え方がホルミスというのです。

ラドンのメカニズム

 

工学博士 小笠原英雄 先生の説明によりますと

ラドン健康法とは

ラドンとは低レベルの放射線のことです。

低放射線なんですが、ただ放射線の中で
なんでラドンかって言う話になりますよね。

ラドンはですね、古い花崗岩の中にあるウラン
あるいはトリウムの鉱石から自然に発生するものなんですよ。

体内に吸入し血液に入ったラドン気体は、
α線という放射線がたくさん出て、
大量のイオンを発生します。

体の中にラドンガスが入るとラドンガスはもっと軽い元素に変化し、その時に放射線が生じ、この放射線が、体の中に含まれている水分に反応してたくさんのイオンが出来ると、体は敵が侵入したと感知して自動的に防御作用を起こし、この防御作用が免疫を強化することになります。

 

なんでラドンなのか?

 

低放射線ですが、ただ放射線の中でラドンが選ばれるのでしょうか。

ラドンは、古い花崗岩の中にあるウランあるいはトリウムの鉱石から自然に発生する気体です。
(非常に安定した気体です)。
空気中に溶け込んだラドンを吸入し、体の中や血液などの中に入りこむとそこから放射線が出ます。その放射線はアルファー線というのがたくさん出るわけですね。そのアルファー線はたくさんのイオンが生成されます。

そのα線1つの放射線のもたらす人体に対する効果っていうのは、ベータ線やガンマ線あるいはエックス線よりも20倍大きいのです。

ということでほんとに僅かな放射線でたくさん効果が期待できるということで、ラドンということになるわけなんですね。

そういうことで、ラドンを吸収することによって、体の中にイオンがたくさんできやすくなり、イオンが発生も期待できる。それ放射線が入ったぞという信号ですね。これを分子生物学ではシグナルと呼んでいるんですけども、そのシグナル入りますと数時間から数週間、その免疫を活性化することが期待できる効果が体の中に残るんです。

そういうことが段々わかってきまして、その免疫を活性化するために、非常に良いものだということで、ラドンの健康法が考えられていると、私は理解しております

 

 

最後までお読みいただき有難うございました。
私も胃がん、大腸がんを患い悩まされましたが、
幸いにも早期発見でしたので事なきを得ました。

こんな時に一番心配してくれるのは、何と言っても家族であり特に妻でした。
あなたを支え無事を願う家族のためにぜひ健康を取り戻してください。

私もあなたと同じように、ラドンガスが救世師になるのかどうか分かりませんが、信じて使っていくことが大事なことだと思っています。

ですから私はまだ使い始めて1か月もたちませんが、自分の体質が、癌になりやすい体質のため、毎日寝る時間に使っています。妻も毎日1時間以上ラドンガスを吸入しています。

自分は心なしか顔色が少し赤みを帯びてきたように感じています。これからの効果を楽しみにして、健康寿命を少しでも伸ばすように、このラドンガス発生器を活用していく決意をしています。

もしよければ、あなたにも同じ仲間になっていただき元気になることを願い筆をおきます。よろしくご検討ください。そして人生で一番大事な健康な体をつくり幸せ生活を送ってください。

ありがとうございました。